MENU

銀行のおまとめローンを活用する方法│低金利で借り入れするには

生きて行くには何をするにもお金が掛かる世の中です。長い人生を生きて行けば、様々な場面でまとまったお金が必要になることだって起こります。自分の財産だけでは対応できないこともあるでしょう。

 

そういう、いざという時のために金融機関が存在しています。
お金を借りる金融機関の代表といえば、まず消費者金融のキャッシングローンがあげられます。

 

消費者金融の一番のメリットは、やはりそのスピードですよね。

 

中でも、即日融資は、どうしても明日までにお金が必要な人にとっては、とても役に立つようです。
しかし、消費者金融の利用に多くの人が未だに抵抗を抱えているのは、その金利の高さにあります。

 

せっかく、お金を借りても、完済することができなくなったり、また、利子ばかりが増えて、いつまでたっても元金が減らない、なんて状況に陥ることも十分考えられるからなのです。
これでは、せっかくお金を借りても全く意味がなくなってしまいます。

 

こんな状況にならないためにも、お金の借入を行う際には慎重な吟味が必要となります。
そういう点において、絶対的な安心感があるのが、銀行のローンです。

 

銀行で融資を受けることの一番のメリットは、金利の安さですね。
借金をするとなった時にネックとなるのは、やはり金利なのです。

 

どんなに速くお金を借りることができたとしても、返済できないのであれば、お金を借りるべきではありません。
お金を借りる時には、完済できるかどうかを見越した、余裕のある返済計画と、できるだけ負担の少ない利息で融資を受けることがとても重要になってくるのです。

 

 

ところで、皆さんは、銀行についてはよくご存知ですか?

 

 

誰でも銀行の口座を1つや2つは持っているはずです。
では、銀行にはどんな種類があって、どんなサービスが行われているのでしょうか?

 

日本にある銀行の数は、およそ130行です。
そして、それらは法律上、普通銀行と信託銀行の、大きく2つにわけることができます。

 

そのうち、普通銀行においては、更に細かく分けられます。
一つ目は都市銀行。
二つ目が地方銀行。
三つ目が第2地方銀行。
最後の四つ目が新しいタイプの銀行です。

 

 

一つ目の都市銀行に関しては、知名度が高く、全国的に支店を置いている銀行になります。本店が大都市にあることから、都市銀行といわれています。

 

これにあたるのが、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、みずほコーポレート銀行の6行です。

 

 

そして、二つ目の地方銀行は、都市銀行に対して、本店は地方都市に置いています。経営基盤は地域経済となっていて、横浜銀行、千葉銀行などがこれにあたります。地方銀行は、全64行で、全国地方銀行協会に加盟しています。

 

 

三つ目の第2地方銀行についても、地方都市に本店を置き、営業の基盤が地域経済であるところは、地方銀行と変わりません。
第2地方銀行の別の特徴としては、もともと相互銀行だったところが多いという点があげられています。

 

東京スター銀行、関西アーバン銀行などがこの部類となり、その他、第二地方銀行協会に加盟している45行があります。
最後に四つ目としてあげられているのが、新しいタイプの銀行です。

 

これらは、ネット専業銀行や、ケータイ銀行などの新しいタイプの銀行や、上記のいずれにもあてはまらない銀行がここに該当します。例えば、新生銀行、イーバンク銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行などがこれにあたります。

 

このように銀行の種類だけでも様々です。

 

こうしたそれぞれの銀行で、各々様々なローンサービスを提供しているのです。
銀行によって、それぞれ名称が異なるかと思いますが、おおまかには以下のようなものがあげられます。

 

例えば、住宅ローン、アパートローン、リフォームローン、カーローン、教育ローン、多目的ローン、そして、おまとめローンに、カードローンなどとなっています。
どちらのローンも、高額な融資が可能で、金利が低めになっています。

 

中でも、多目的ローンについては、別名フリーローンともいわれています。
このローンの特徴は、使用用途が基本的に自由なので、何にでも使うことができます。ですから、海外旅行や留学の費用、また高価な買い物の支払いに充てたりすることもできるローンなのです。

 

同じように使用用途は自由で、もっと手軽で簡単といわれているのが、カードローンです。
では、フリーローンとカードローンはどこがちがうのでしょうか?

 

それは、融資の仕方です。

 

フリーローンは、契約時に決定された融資金額を一括で指定の口座に振り込みます。
それ以降、追加でお金を振り込んだりすることはありません。

 

 

新たにお金を借りたいのであれば、再度審査からやり直すことになります。
ですから、一度融資を受けた後は返済し続けて、完済を目指すのみとなります。

 

ではカードローンはどうでしょうか。

 

カードローンの融資の仕方は、消費者金融のキャッシングシステムととてもよく似ています。
契約時に利用限度額というものが決められます。

 

そして、発行されたローンカードを利用し、最寄りのATMから自分が指定した融資金を引き出します。引き出したい金額は、その都度自分で決めることができます。
融資金の引き出しは、利用総額が限度額いっぱいになるまで、何度でも繰り返し利用できます。

 

限度額がいっぱいになると、自動的にそれ以上の借入はできなくなります。しかし、次にまた返済が行われると、その分の借入ができるようになる仕組みになっています。
これが、フリーローンや他の銀行ローンと大きく異なる点なのです。

 

そして、カードローンといえば、2006年に総量規制の制定後には、さらに人気に拍車が掛かりましたね。
銀行のローンの一つであるカードローンは、この総量規制の対象外です。

 

ですから、高額の利用限度額の設定が可能になっているのです。
総量規制という法律の規定の中には、「個人の借入総額は年収の3分の1以内に収めなければならない」というものがあります。

 

ですから、貸金業法の管下にある、消費者金融のキャッシングやクレジットカードのローンの利用限度額は、この法律に則って決定されています。
この法律が施行されてからは、お金を借りたくても借りられずに、苦しむことになってしまった人々が増えていました。

 

その抜け道ともいわれているのが銀行のローンになります。

 

銀行は銀行法に基づいて運営されているので、総量規制の影響は受けることはありません。
そこで、注目されることになったのが、銀行のカードローンというわけなのです。

 

 

このように、銀行のローンは金利が安く、しかも高額の融資を可能としているので、お金を借りるならやっぱり銀行が一番いいということがおわかりでしょうか。

 

ところが、誰でも簡単に銀行のローンを受けることができるわけではありません。

 

銀行のローンを利用するためには、厳しい審査に通過する必要があるのです。
だからといって安易に消費者金融などからお金を借りて、返済に苦しむことに合っては元の黙阿弥です。。。

 

世の中にはたくさんの銀行と様々なローンがあります。
どんな銀行のローンが自分に合っているのかをしっかり見極めることも大事なことなのではないでしょうか。